前髪ウィッグの活用方法、押さえておきたいポイントとは? | 前髪ウィッグだったらいいかも?

前髪ウィッグだったらいいかも?

前髪を切りたいなと思ってもなかなか勇気がないとか、伸ばしたくてもすぐには伸びない伸びてくれない髪の毛、はたまたくせ毛で悩んでいます・・・。

そういった方々に是非おすすめしたいのが前髪ウィッグです。前髪ウィッグは、手頃でリーズナブルな値段で、うまくつけるコツさえつかんだら、初心者の人でもすぐに付けることができます。まさにウィッグデビューにはうってつけの商品としてお勧めしますよ。

皆さんは、例えば前髪(つまりバングスといったもの)を作ろうかとか、一回は迷ったりしたことありませんでしょうか?でも、実際にはなかなか決心もつかないで、結局伸ばすことにしてしまったという経験を持っている人も多いでしょう。
また、厚めに前髪を作るにしても、地毛で厚みを出すように前髪を切ってしまったりしたら、却って思ったより多くの髪を切ることになってしまって・・・ということはありませんでしたか?

そういった迷いも解決してくれるのが、まさに前髪ウィッグなのです。

そんな前髪ウィッグの活用方法をこれから伝授していきましょう。

前髪ウィッグが初めての人の素朴な疑問

ウィッグを付け慣れていない人ですと、前髪ウィッグって何って思っている人も多いかもしれませんよね。そういった方に向けて、素朴な疑問についいてここでは簡単にお答えしましょう。

1.ウィッグの素材は何でできているのでしょうか?

メーカーにも寄るかもしれませんが、ファイバーといった化学繊維を原材料として加工されたものが多いです。きちんとしたメーカーのウィッグの化織タイプは静電気、もつれ、ちぢれなどを防止して、美しいスタイリングを保てるような工夫が施されております。また人毛を素材として作られているものもありますが、こちらになってくると、化学繊維よりは値段も高価になってきます。

2.ドライヤーやホットカーラーは使えますか?

人毛と化学繊維(ファイバー)の2タイプで分けて考えますと、人毛タイプはドライヤー、ホットカーラーを使用することができ、 耐熱ファイバーのウィッグにはコテやドライヤー、ホットカーラー等が使用できます。 非耐熱ファイバーが使用されているものは、ドライヤー等の使用を避けないと、ちぢれや切れ毛の原因になります。

3.色は何色あるのでしょうか?

栗色から黒色がほとんどだと思いますが、これもメーカー各社によって様々です。普段使いという形ではなく、コスプレやパーティー等で利用するといった用途にも併せて、フルカラーで用意しているメーカーもあります。基本的には日本人の普段使いにマッチしやすい色が多いことがほとんどです。

4.ウィッグにサイズはあるのでしょうか?

オールウィッグなどの襟足部分にはアジャスターがついていることもあって、サイズの微調整も可能となっておりますが、基本はフリーサイズになっていることが多いです。フルウィッグですと大体55?60p位のサイズが多いと思います。伸縮性の高い素材の伸縮キャップを使用していることも多いため、それより大きい場合でもつけることは可能です。前髪ウィッグに関しては、前髪のカバーのみですので、基本はフリーサイズとなることが多いです。

Topics

ウィッグ保管の仕方を学んだうえで、さて前髪ウィッグとは?

もう一つのウィッグを上手に使うコツには保管の仕方があります。
これはウィッグを使用後はブラッシングをした後、ウィッグスタンドにかけて保管すると、髪の絡まりは防ぐことができて、かつ、きれいに保つことができます。
ウィッグスタンドは専用スタンドを購入することもできますが、ペットボトルにタオルを巻いて使う等で、身近なアイテムを工夫した形でもウィッグスタンドを作ることは可能ですので、上手に経済的なウィッグスタンドを作って活用してみましょう。

しっかりしたお手入によって、ウィッグをいつもまでも綺麗に保つことは可能です。

  • 続きはこちら
  • 前髪ウィッグの選び方

    前髪ウィッグといっても、じつはいろんな種類があります。

    大きく分けますと、つむじがないスタンダードなタイプで「つむじなし」といったタイプか、つむじがついてより自然になったタイプである「つむじあり前髪」のタイプの2種類です。こちらの主な2種類のタイプについてこれから紹介しましょう。

  • 続きはこちら
  • 前髪ウィッグの基本の付け方は?

    くせ毛に悩んでいたので前髪ウィッグを買ってみたのですが、普通のウィッグも使ったことがないため、付け方さえもクエスチョンという人はいませんか?どの辺に付ければいいのとか、地毛はどうすればいいの等、考えてみたら結構疑問は尽きません。何とか着けてみても浮いて見えると嫌ですし、不器用な自分だったら無理だと決めつけている方はおりませんか?そういった方のために、まずは、基本的な前髪ウィッグの付け方から説明しましょう。 順番で示しますと下記の1〜3の通りとなります。

  • 続きはこちら
  • ページ上に戻る

    メニューリスト

    twitter & bookmark

      

       このエントリーをはてなブックマークに追加

    掲載記事の参照元

    運営者情報

    WIGアラカルト

    免責事項

    当サイトで提供する情報は、その正確性と最新性の確保に努めていますが、完全さを保証するものではありません。
    当サイトの内容に関するいかなる間違い等についても一切の責任を負うものではありません。
    当サイトの使用及び閲覧は、閲覧ユーザー様ご自身の自己責任でなされるものであり、当サイトへのアクセス又は使用によって発生したいかなる損害(パソコンやネットワークに生じた損害を含み、直接損害・間接損害の別を問わない)やその修理費用等に関して、一切の責任を負うものではありません。